写友島本掲示板



カテゴリ:[ 写真 ]


2012件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[1948] 島本町観光フォトコンテスト

投稿者: 投稿日:2020年 7月10日(金)17時06分35秒   通報   返信・引用

募集期間令和2年7月1日(水曜日)から8月28日(金曜日)までの町制施行80周年記念「島本町観光フォトコンテスト」の案内、募集要項、応募票が下記にて入手できます。ご参考まで。

http://www.shimamotocho.jp/gyousei/kakuka/sougouseisakubu_sintaisei/seisakukikakuka/80syuunen/1593495545106.html




[1947] 高浜・淀川

投稿者: 西郷忠男 投稿日:2020年 7月 8日(水)13時27分7秒   通報   返信・引用   編集済

家庭菜園に出たついでに淀川堤防に上がってみました。前夜の雨で淀川の水位は徐々に上がり、10時10分頃でしたが高浜水位観測所のすぐ上流、少年野球グランドには淀川の水が上がり始めていました。
https://www.kkr.mlit.go.jp/yodogawa/bousai/suii_pop/20.html

高浜の集落内では旧家の取り壊しが進んでいます。
聞くと築400年、江戸時代からの代々庄屋だった由、敷地も数100坪、トタンが被せてありましたが堂々たる萱葺き屋根、時代の流れとは言え、これほどの民家を文化財として維持できなかったのかと寂しさを覚えました。地上に降ろされた廃材を見ると萱に混じって麦藁もあり、最後の葺き替えの頃には萱刈場も少なくなっていたのだ!妙に納得するところもありました。



[1946] 2020茨木市美術展も中止

投稿者: 西郷忠男 投稿日:2020年 7月 4日(土)18時30分25秒   通報   返信・引用

7月1日投稿時には探しきれなかったのですが、今年は茨木市美術展も中止になったようです。
https://www.city.ibaraki.osaka.jp/kikou/shimin/bunka/event/48251.html
今年は、島本町の文化祭も中止と聞きましたし、既報の通り高槻市美術展は中止、吹田市美術展は規模を縮小して実施とのことで、作品造りに励んでおられた方には寂しい秋になりそうです。
摂津市美術展は市のホームページによれば10月22日~25日となっていますが、ここ数日のCOVID19感染者発生状況に鑑み、こちらも成り行きが心配ですね。
https://www.city.settsu.osaka.jp/soshiki/shichoukoushitsu/kouhouka/12841.html



[1945] 若山神社・水無瀬渓谷

投稿者: 西郷忠男 投稿日:2020年 7月 2日(木)22時55分3秒   通報   返信・引用

久し振りに若山神社経由で水無瀬渓谷の奥の方まで歩いて来ました。
天気予報は晴でしたので撮影には不向きと何となくPCに向かいましたが、雲は厚く強い日差しもなし「雨や曇りの日には谷に入ろう」とのある写真家の言葉を思い出して予定を変更しての行動でした。
若山神社では朝の散歩と思われるご夫婦や太閤道へ向かうハイカーなど同世代の方が数名とお会いしましたが、街中で人を避けるように動く人とは異なる活気を感じました。
神社裏の尺代道入り口にはまだまだ元気にアジサイの花が咲いており、足元には数年の内に狭い道を塞いでしまうのではと思われるほど沢山の挿し木がされていました。また、尺代集落への出口にも奇麗なアジサイがあり、標高差数10mとは思えない気候の差を感じました。
水無瀬渓谷は乙女の滝辺りまではこの2年程殆ど変化はありませんが、山崩れで半分土砂に埋まった水車跡から上流100m程までは倒木が片付けられ道路整備がされ、砂防工事も進んで歩きやすくなっていました。ただその先は落石が進んで一層道が荒れ、倒木と土砂崩れで通過困難だった場所はそのままの状態、今日はここで引き返すことにしました。
谷に入る頃から強い日差しが入るようになり、写真は撮ってもまだら模様、余りシャッターを押すこともなく漫然と改修点検?の3時間でした。



[1944] 草津市立水生植物公園、ほか

投稿者: 投稿日:2020年 7月 2日(木)13時24分29秒   通報   返信・引用

午前中、久々に足を伸ばして草津市立水生植物公園と弥生の森歴史公園へ行ってきました。
水生植物公園では開園早々には数名のカメラマンがいた程度でしたが1時間半ほど撮影して帰るころには結構な人出で撮影するのに結構気をつかう状況でした。
蓮の花はちらほら程度で睡蓮も期待したほど咲き誇っているという状況ではありませんでした。
ついでに寄った弥生の森歴史公園は先日、大賀蓮が咲いたとTVで紹介されていたせいか、11時頃行った時には駐車場はほぼ満車でした。
大賀蓮は狭いスペースに数輪が咲いている状態で周りに大勢の人がいてなかなかいいアングルで撮影するのは難しい状況でした。
水辺にシダの繁る池にはぽつぽつと睡蓮が咲いており、多くのカメラマンが撮影していました。
1,2枚目は水生植物園、3枚目は弥生の森歴史公園で撮影したものです。




[1943] 早くも秋の美術展募集要項が・・・

投稿者: 西郷忠男 投稿日:2020年 7月 1日(水)20時12分13秒   通報   返信・引用   編集済

今日から7月、今年も後半に入りますが、私には3月~5月のCOVID19自粛に続き6月も自重モードで外部出力もなければ内部蓄積もないように思われる期間が長く、「エッ、もう後半なの!」という感じです。
細かく見れば若草山の山焼きや修二会、雪景色を訪ねての湖北や南丹、五條市や下市町の桃源郷や枝垂れ桜探訪と例年並みかそれ以上に遠征同伴もしているのですが、何故か収穫を感じない印象の薄い半年に終わりました。
後半に期待!と言いたいのですが、なかなかテンションが上がりません。

そんな中ですが、吹田市美術展の募集要項が届きました。
申込:8月25日(火)必着、搬入:写真は9月8日(火)指定時間帯
会期:9月16日(水)~9月20日(日)、搬出9月21日(月・祝)指定時間帯
会場:メイシアター
詳細は下記サイトでご確認ください。
https://www.city.suita.osaka.jp/home/soshiki/div-toshimiryoku/bunspo/bunka/_70563.html

高槻市美術展は中止のようです。 ↓をご覧ください。
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kakuka/machi/bunkasp/gyomuannai/bunkagyomuannai/bunka_ivent/takatsuki_art_tenrankai/59bijututen/1589184272448.html

摂津市と茨木市の美術展については情報を入手次第、改めて紹介します。

2週間後になりますが、15日(水)よりギャラリーTSU NA GUで「夏の写真展《水》」が始まります。
https://tsunagu-takatsuki.amebaownd.com/
写友島本からも多数の方が出展されていますので、刺激を頂き出来れば再始動の秋を迎えたいと・・・

また、茨木市クリエートセンターでは今日から写真展が始まっているようです。
https://www.city.ibaraki.osaka.jp/kurashi/bunka/gejutsu/shisetsu/1311917673919.html
先月まで出展者からの取消等もあって展示はなかったとのことですが、今月は日写連の写真展から開催されていると確認できました。



[1942] 3日前の近所

投稿者: kazu 投稿日:2020年 6月30日(火)15時10分22秒   通報   返信・引用

3日前のJR駅の燕さん、その後の開発、電車を見る親子の姿です。
この燕の子育て同じ夫婦なのか、2回目です。
その親燕の大変さが良く分かります。



[1941] 水無瀬神宮の風鈴

投稿者: 投稿日:2020年 6月29日(月)12時23分24秒   通報   返信・引用   編集済

水無瀬神宮に今年も風鈴と風車が飾られています。
午前中、10時前に行った時には10名ほどのカメラを持った人たちがいろいろな角度からしきりにシャッターを押していました。
飾りつけは例年とほぼ同じ規模で、あいにく風もほとんどなくて飾られた風車も止まったままで、なかなか思ったような写真は撮れませんでした。



[1940] 島本町観光フォトコンテスト

投稿者: 投稿日:2020年 6月29日(月)09時16分59秒   通報   返信・引用

「広報しまもと」に町制施行80周年を記念して、町の魅力的なスポットなどの写真を募集する「観光フォトコンテスト」開催案内が掲載されています。
応募資格:制限なし  応募料:無料  応募期間:7月1日(水)~8月28日(金)
応募方法:写真と応募票を添付の上、原則メールで提出。メールで提出困難な場合に限り、郵送で提出可。
     *応募票は、町のホームページでダウンロード、またはにぎわい創造課で配布。
応募点数:一人3点まで、過去の写真も可。
表彰:最優秀賞1点、優秀賞2点、佳作10点 *地場産品や記念グッズなどの商品あり。
結果発表:11月頃(12月頃から入選作品の展示会も予定)

詳しくは町のホームページやにぎわい創造課で配布の募集要項をご確認ください。とのことです。




[1939] カルガモ

投稿者: 西郷忠男 投稿日:2020年 6月28日(日)22時45分51秒   通報   返信・引用

日暮れの散歩中に水無瀬川でカルガモ親子を見かけました。場所は水瀬橋下流100m程のところ、ねぐらに帰るところなのか流れに乗って下流へ去っていきました。一方、昨年多くの方が撮影された調子橋上流にはつがいとみられる親鳥がいましたが、小鴨は見えませんでした。ローラースケート場の花壇ではヒマワリが咲いていました。以上、スマホ画像ですが被写体情報として。


レンタル掲示板
2012件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.